HIS健康情報.com(男性編)

「男性の悩み」メニュー

勃起不全 前立腺肥大 失禁・排尿異常 消化性潰瘍

消化性潰瘍

※ご注意

記載内容については、一般的に、ご参考にしていただきたい情報でございます。お客様毎に体質、原因や症状は異なります。詳しくは、かかりつけの医師にご相談されることをお勧めいたします。

 

消化器のしくみ

1.消化器とは

消化器とは食物を消化・吸収するための器官(肝臓・胆嚢・膵臓も含まれる)で、特に口から肛門までを消化管と呼んでいます。消化管の内側は粘膜で覆われていて、食物が入ってくると盛んに消化液(食物を泥状や液状にして、その中の栄養分を化学的に切断する液)を分泌して、吸収を促進させます。

a)消化器の主なしくみ

種 類 解    説
口 腔 食物を運搬しやすいように粉砕して、早く消化したいもののために消化酵素を混ぜます。
食 道 蠕動運動を起こして胃に粉砕した食物を運搬するほか、一部の酵素を分泌して消化を早めます。
消化液では消化されにくいタンパク質などを、胃酸と酵素(タンパク質分解酵素など)を混ぜ合わして、泥状や液状にします。
幽 門 胃内容物が一定の消化が終わるまで、胃の中に留めておくためにある出口門です。この幽門の働きが悪い人は胃内容物がいつまでも留まり、胃下垂などの原因ともなってきます。
十二指腸 胆汁や膵液の消化液を分泌して、糖質、脂質、タンパク質の分解を助けます。特に膵液にはセクレチンという成分が含有され、必要になくなった胃酸分泌を抑える働きがあります。
小 腸 消化された栄養分や水分を吸収する器官です。小腸と隣接する血管には免疫細胞が常駐して、腸管からの細菌の感染を常に監視しています。
大 腸 吸収されなかった水分を主に吸収します。そして残った残渣を便として排泄できるように、便を形づくってゆきます。

b)胃粘膜のしくみ

胃の内部にはヒダ状の粘膜が肉眼でも見えますが、その表面にはヒダよりも小さい「胃小区」と呼ばれる突起があります。その胃小区の表面には小さな溝があり、胃液を分泌する胃腺が開口しています。その開口部の周囲には、表層粘膜細胞と呼ばれる細胞があり、粘液(ムチン)を分泌して、粘膜が胃酸(塩酸)で溶かされないように保護しています。この細胞の寿命は3日位しかなく、次々と新しい細胞に置き換えられます。

c)胃液を分泌するしくみ

胃液を分泌する胃腺は、主細胞、、壁細胞、副細胞、胃内分泌細胞の4種類からできています。
主細胞は副交感神経の刺激により、ペプシノーゲン(タンパク質分解酵素ペプシンの前駆物質)の合成します。壁細胞は塩酸を分泌し、胃内pHは2以下に低下して、ペプシノーゲンがペプシンになり活性化されます。副細胞は粘液を分泌させて、胃内分泌細胞はセロトニンやガストリンなどの消化管ホルモンを産生して分泌します。

d)胃の運動

食塊(口腔で砕いた物)が食道の入り口に触れると、胃の幽門が反射的に開いて胃の中へ落ちてゆきます。食塊が胃壁に当たると胃は拡張し、蠕動運動を始めます。ここでは蠕動運動をしながら胃酸や消化酵素と混ぜ合わし、粥状にしてゆきます。この胃の運動は「ガストリン」という消化管ホルモンや、副交感神経によって促進されます。逆に食品中の脂質から合成されるエンテロガストロンと呼ばれる物質や、交感神経が活性化されると蠕動運動は抑制され胃の機能の低下に繋がります。

2.食欲のメカニズム

a)食欲とは

食欲とは、その時々の自分の感情によって起こる特定の食物を食べたいという衝動で、空腹感とは異なります。食欲を決めるもの要因としては、1)快い感覚(味、舌触り、香り)、2)栄養学的・代謝的な食欲(カロリー消費後の甘いもの、電解質不足による塩分など)、3)生理学的影響(糖尿病、肥満など)、4)食体験(好き嫌い)、5)環境(気温)などがあげられます。

b)空腹感とは

空腹感とは、長時間何も食していないと誰にでも起こる感覚で、好き嫌いの要求をせずに何でも良いから空腹を満たしたいという感覚です。空腹時に食べたものが全て美味しいと感じ、満腹になれば食べることをやめます。空腹感に影響する要因は、1)中枢神経系(食中枢の刺激)、2)末梢神経系(胃、肝臓、細胞組織、膵臓ホルモン、成長ホルモン、性ホルモンなど)、3)感情(ストレス、気分)、4)病的(肥満、酸素欠乏症、心身症)、5)環境(気温、職業)などがあります。

c)食欲中枢のメカニズム

空腹や食事行動を起こすメカニズムは、脳の視床下部にある満腹中枢と摂食中枢のバランスによります。食事が終わると血液中のグルコース(ブドウ糖)や脂肪酸などの濃度が上昇して、それをグルコースセンサーが感知します。その刺激により満腹中枢が応答して満腹感を感じ、同時に摂食中枢を抑制して食事を中止させます。早食いの人は、血中グルコースが上昇しないうちに、どんどん食物を胃に入れてゆく結果となり、食べ過ぎに繋がって消化器の病気にかかりやすくなります。

 

消化性潰瘍

胃や十二指腸を覆う粘膜が傷つき、孔があいた状態をいいます。原因の多くは、ストレスなどによる神経バランスが崩れた時におこる、消化酵素や胃酸の分泌異常(攻撃因子)、食品など(医薬品、飲酒、刺激物)による直接的刺激、ヘリコバクター・ピロリ菌などによる細菌感染などがあげられています。

1.症状と診断方法

a)症状

定時間帯の腹痛(上腹部)、吐き気や嘔吐などが続き、進行するとその痛みは一日中続いたり、背中まで達することがあります。吐血や血便、めまいなどがあらわれたら、主治医に相談しましょう。

b)診断方法

消化器科などの医師にご相談ください。

c)主な関連疾患

疾患名 解    説
急性・慢性胃炎 胃粘膜の炎症やただれなどにより、腹痛などの症状が起こる病気で、精神的ストレス、不摂生な食生活、刺激物や香辛料・飲酒・タバコの過剰摂取、医薬品の乱用などが原因として挙げられます。
胃下垂・胃アトニー 胃が細長く垂れ下がった状態を「胃下垂」といい、胃の蠕動運動まで弱まった状態を「胃アトニー」と呼んでいます。体力のない痩せ型の人に多く、うつ状態の方にもみられことがあります。
胃酸過多症
無酸症(低酸症)
胃酸が必要異常に分泌され胸焼けや胃痛などをあらわすのが「胃酸過多症」で、逆に高齢者などにみられやすい胃酸減少による食後の胃部不快感や膨満感、食欲不振などを起こすのが「無酸症」です。
胃痙攣 上腹部に突発性に痛みを生じ、痛い部分を手で強く抑えると楽になるのが特徴です。胃炎や潰瘍、胆石などによって起こりますが、心筋梗塞などでも起こります。

※高齢者の無酸症(低酸症)の方へ

胃酸分泌抑制薬や胃酸中和成分の含有された市販薬を買われる場合は、薬剤師にご相談ください。低酸症の方がこれらの薬を服用すると、逆の効果となります。

 

予防と養生法

1.注意したい栄養成分・食品

栄養成分・食品 解    説
刺激物など 甘菓子などを食べた後、胸やけをする人はいませんでしょうか。この甘さを引きたさせるために食塩を豊富に使っているのです。そのため胃酸を過剰に分泌させる原因となります。また揚げ物、ポテトチップスなども食塩を豊富に使っていますし、いも類(不溶性食物繊維)は消化が悪く胃酸の分泌を亢進します。若年者が胃薬を服用する機会が増えています。
食物繊維 食物繊維を食用油や塩分を多く利用した食品などと摂ると、粘膜への作用を軽減することができます。例えばキャベツ・レタス・セロリ・アスパラガスなどは、胃粘膜修復作用をもつビタミンUを含み、粘膜を保護し修復する作用があります。
ただし、潰瘍の人は栄養素の吸収が低下していることが多いので、過剰に食物繊維を摂ることで、栄養素の不足をまねくことがあります。適量を心がけてください。健康飲料として青汁などは、毎日の健康維持には適した食材内容といえるでしょう。
良質のタンパク質
ビタミン
ミネラル類
これらの栄養素は、粘膜や筋肉をつくる基として身体の中ではあらゆる場面で利用される栄養素です。胃などの粘膜の合成にも欠かせません。特に緑黄野菜に含まれるビタミンAや葉緑素は、粘膜の強化・保護には欠かせない栄養成分です。健康食品などでは、クロレラなどは最も良い製品といえるでしょう。
アルコール
カフェイン
炭酸飲料
カフェインや炭酸飲料は、直接的な刺激になります。炭酸飲料を飲むとげっぷが出て気持ちが良いですが、粘膜を冷やして胃の働きを低下させ、胃液分泌の調節に必要なイオン(Caイオン)と結合してその働きを低下させます。またカフェインは中枢神経を過剰に興奮させ、症状の悪化を促進します。

2.養生法

養生法 解    説
規則正しい生活を 消化器の運動は、1日の時間的な作用で働きが変わってきます。毎日を規則的に生活することは、そのリズムを整えて消化器系の働きをベストな状態に高めてゆきます。夜更かしをしたりして、通常のリズムを変化させることは、消化器系の病気の第一歩になります。
ストレス ストレスなどによって中枢神経系に異常な刺激が加わると、自律神経の交感神経が亢進して、血管を収縮し胃に血流が行かなくなりったり、胃の蠕動運動が低下して消化力が低下します。リラックスをしている時や食後は副交感神経が働くために、胃の働きが正常に保たれます。
飲酒 胃への負担を軽減するために、消化のよい食事を心がけましょう。消化の悪いもの(消化液を多量に必要とするもの)は、火や熱を通して柔らかくし、できるだけ生ものとして食さないようにしたいものです。飲酒や香辛料は胃酸の分泌を高め、刺激物として直接粘膜に負担をかけます。
食事 早食いにより急激に食物が消化管に入ってくると、消化液が急速に生成されて過剰になります。時間をかけて食事をすると、消化液も少しづつ必要量分泌されますので、病状の予防や悪化を防ぐことができます。 また虫歯の原因菌なども粘膜の炎症に関与することがわかってきています。食後は口腔内を清潔にして、原因菌を予防してください。
定期健診 胃部不快感や鈍痛、消化不良性下痢などが続くようになったら、消化器官(胃や十二指腸など)の異常が考えられます。定期的に検診を受け、悪化させないように管理しましょう。

3.治療法

a)食事療法

上記参照。

b)運動療法

激しい運動は控えてください。

c)薬物治療

詳しくは、かかりつけ医師又は薬剤師へご相談ください。