HIS健康情報.com(免疫疾患編)

「免疫疾患」メニュー

がん(悪性腫瘍) アトピー 喘息・気管支炎 鼻炎・花粉症
肝炎・肝硬変 膀胱炎・尿道炎

アトピー体質・皮膚炎

※ご注意

記載内容については、一般的に、ご参考にしていただきたい情報でございます。お客様毎に体質、原因や症状は異なります。詳しくは、かかりつけの医師にご相談されることをお勧めいたします。

 

アトピーとは

アトピーとは、遺伝的な要因により抗原抗体反応が促進され、抗体IgEが関与する1型アレルギーを指します。このIgE抗体が過剰に働くことにより起こすアレルギー性皮膚炎を「アトピー性皮膚炎」と呼び、患者は気管支喘息などの同じIgEが関与する病気を併発します。これらのアレルギーは、体内に設置された免疫システムに大いに関係があります。またアレルギー症状は、活性酸素によって発症・増幅されます。

a)自然免疫システム

細菌やウイルス、花粉、食物などで、アレルギーを起こす物質を抗原(アレルゲン)と呼びます。
抗原が侵入すると、まずこの自然免疫システムが働きます。このシステムは、抗原を化学的に溶かしてします物質(可溶性物質)を分泌することで溶かしてしまうシステムです。代表的なものに、リゾチームやインターフェロン、補体などがあります。また細胞性システムとしては、マクロファージ(貧食細胞)による食作用、NK(ナチュラルキラー)細胞による抗原の傷害などがあります。

b)抗原抗体反応(獲得免疫)

自然免疫システムで防衛しきれない時、獲得免疫系が作動します。抗原を自然免疫系だけでは対処できなくなると、抗原提示細胞(APC)が抗原を直接取り込み、抗原の情報をT細胞に伝えます。T細胞はそれ自体が抗原を傷害する細胞(キラーT細胞)に変化もしますが、それ以外のT細胞(ヘルパーT細胞)は、B細胞に情報を与え抗体(IgE抗体)をつくるように指示します。IgE抗体はマスト細胞(肥満細胞)の表面にあるIgE受容体に結合して抗原を接着し、抗原の活動を不活性化させます。

c)アトピー遺伝子の関与

アトピー性遺伝子とは、特有のアレルギー反応を起こす遺伝情報をもった遺伝子のことで、ヒトでは第11染色体に存在しています。この染色体をもったマスト細胞の受容体にIgE抗体が結合し、さらに抗原が抗体に結合すると、そのシグナルが細胞内に伝達されます。その結果、細胞内では炎症性成分であるプロスタグランジン(PG)やロイコトリエン(LT)、ヒスタミンなどが放出され、各種の炎症性疾患やアナフィラキシーショックを引き起こします。

1.過剰な免疫反応を抑える方法

免疫機能に関係する細胞には、過剰に増殖しないようにするための情報が組み込まれています。それらは、免疫細胞の分化・成長と深く関係しています。

a)リンパ球の発生段階での制御

免疫は、異物の侵入によって作動するシステムをもち、平常では活性化されません。異物が侵入すると(免疫応答)、プロ免疫細胞(リンパ球)が分化・成長して出動します。この際、異物処理に適さない弱っているリンパ球などは、分化・成長できずに死にます。免疫細胞の増殖は、抗原の活性度により調節され、抗原活性よりも過剰には増えません。

b)フィードバック制御

成熟したリンパ球は免疫応答により、活性化免疫細胞へ成長してゆきます。免疫細胞の数が増えると、それ以上増えないようにフィードバックという増殖停止シグナルを送ります。サイトカイン(インターロイキンやインターフェロンなど)という物質や、Tc細胞(過剰になった免疫細胞を攻撃して数を減少させる)などの作用により、この働きは促進されます。

c)その他の制御

活性化細胞になったTh2細胞は化学物質(インターロイキン)を分泌して、マクロファージの活性化を抑え、ある種のリンパ球(好酸球)はヒスタミンを中和して炎症を制御します。

2.アナフィラキシー

アナフィラキシーとは、抗原などの生体にとって異物と認識されるものが侵入した場合、マスト細胞(肥満細胞)から急激に分泌される化学物質(ヒスタミンなど)が、皮膚、呼吸器系、循環器系などの多くの器官に過剰反応する状態のことをいいます。特に循環器に反応して、急激な血圧低下を起こした場合を「アナフィラキシーショック」と呼んでいます。医薬品の副作用として発現する場合や、蜂や蛇による毒素の注入などによるものもあります。

3.免疫系をくるわせるストレス

a)免疫細胞と自律神経との関係

免疫細胞であるリンパ球表面には、自律神経から分泌される神経伝達物質のレセプター(受容体)があり、自律神経の作用と深く関わっています。精神的ストレスや物理的な刺激(不快な感触など)などは大脳皮質で感知され、その情報を交感神経を通して脾臓に伝えます。脾臓では主にT細胞が生育されているのですが、交感神経から伝達されたストレス性刺激によって、この免疫機能に異常(乱れ)が発生します。

b)免疫機能と内分泌系

自律神経系のほかに、脳が感知するストレスは内分泌系(ホルモン分泌系)にも刺激を伝達して、間接的に免疫系に作用します。例えば、ストレスによって視床下部で副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)がつくられ、このホルモンの作用で副腎から副腎皮質ホルモンが分泌されます。副腎皮質ホルモンは胸腺リンパ球(プレT細胞)をはじめ、多くのリンパ球に細胞死(アポドーシス)を誘導し、免疫システムを崩壊させます。

c)適度なストレスは免疫維持にはたらく

副腎皮質ホルモンは、炎症抑制物質として知られています。適度なストレスは副腎皮質ホルモンの分泌量を調節し、免疫機能の過剰を阻止するため、むしろ免疫機能にとっては促進剤になります。各種の炎症性疾患では、治療効果を高める方法として注目を集めています。例えば、恋愛や興味のあること、趣味などのように、好んで感じるストレスには免疫力を高める働きがあると言われています。

 

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、慢性でかゆみの強い発赤、丘疹などの湿疹を起こす皮膚炎で、よくなったり悪くなったりを繰り返す病気です。その分類には各種のアレルゲンにより引き起こされるアレルギー反応と、刺激物やストレスなどが原因の非アレルギー反応とに分かれます。

1.分 類

分 類 解    説
アレルギーによるもの 1型(IgE抗体産生によるアレルギー)と4型アレルギーによる反応です。
1型の場合、アレルゲンが体内に侵入すると免疫システムが作動して抗体をつくります。その抗体がアレルゲンとマスト細胞とを結合させ、化学メディエーターと呼ばれる物質をマスト細胞から放出させます。これにより局所の血管透過性が増加して、発赤や丘疹、蕁麻疹などを皮膚表面に発症させます。
また4型では、マクロファージが活性化して組織や細胞を傷害して炎症を促進させます。
非アレルギーによるもの 特に多い原因として、自律神経系の失調や皮膚バリア機能の障害などがあります。自律神経のバランスの崩壊による抗炎症機能の低下、乾燥肌や角質層の異常、皮膚表皮のケラチノサイトでサイトカインが産生されることによるリンパ球などの皮膚への浸潤などが要因としてあげられます。サイトカインとは、免疫細胞の分化や増殖に関与する物質です。

2.症状と診断方法

a)症 状

多くは乳幼児期に発症し、顔面、四肢、接触部分に赤く滲出性で痂皮のある湿疹ができ、常にかゆみを伴います。小児期では「アトピー皮膚」と呼ばれる乾燥性皮膚を呈し、成人になると紅斑、苔癬化となります。

b)診断方法

皮膚科などの医師にご相談ください。

c)関連疾患
疾患名 解    説
アレルギー性接触皮膚炎
(かぶれ)
抗原が直接皮膚に接触したためによる皮膚炎(発疹)で、植物や薬、化粧品、金属などのアレルギーがあります。
蕁麻疹 皮膚(真皮)に生じた一過性の浮腫(むくみ)で、アレルギー性や非アレルギー性(感染症、心因性など)があります。

 

予防と養生法

1.注意したい栄養成分・食品

栄養成分・食品 解    説
アレルゲン食材 アトピーの原因と判明した食品は、摂取を控えることは重要です。同時にアトピーを誘発するような食材も、注意しながら食することも必要です。主に動物性タンパク質の量を減らし、糖質や脂質も過剰にならないようにしましょう。植物性タンパク質はアレルゲンにならない限り、積極的に摂って構いません。
食材の種類 食物の多くは動植物や微生物などの生物です。これらは遺伝情報が異なるために、生体にとっては異物となり免疫機能が作動します。同じものを食べ続けると免疫機能が常に働くようになり、アレルゲンとして認識するようになります。好き嫌いもあるかもしれませんが、いろいろな食材を食べるようにしましょう。
新鮮な食材 鮮度の落ちた食品は、それ自体に活性酸素を多量に含んでいます。食物の腐敗は、活性酸素による構成栄養素や栄養成分の崩壊です。鮮度の良いものを食すし、必要な良質の栄養素を摂取しましょう。
生食 生ものは、アレルギーを起こしやすい食品でもあります。なるべく加熱調理をした料理にしてください。
食用油や菓子類 食用油にはアラキドン酸由来の脂肪酸が多く含まれ、皮膚のトラブルに限らず、免疫機能の過剰・低下に繋がるほか、局所に起こる急激な生理反応、脂肪酸などから産生される炎症性物質を増加させます。菓子類(スナック菓子など)にも食用油は豊富に使用され、食することで油性成分の過剰摂取になってしまいます。

2.養生法

養生法 解    説
充分な健康管理を 免疫機能とは、体力そのものです。体力の低下とは、運動筋肉の低下ではなく、まさしく免疫機能の低下です。疲労や不規則な生活習慣、過食(必要栄養素の消耗)、月経不順などを続けることで、体力を低下させないようにしましょう。
ストレスは禁物 ストレスなどによって中枢神経系に異常な刺激が加わると、自律神経の交感神経が亢進して、血管を収縮し血管透過性が高まって症状を悪化させます。リラックスできる時間をつくるとともに、周囲の方にも協力をお願いして、休息できる環境をつくるように心がけてください。
生活環境を管理 アレルゲンは、それぞれに違います。しかし、アレルギーを誘発する要因は共通します。ダニ、カビ、花粉やペットの毛、埃や異臭、環境ホルモンなどのアレルゲンや誘因物質は周囲から取り除くようにしましょう。また乾燥期に症状が悪化する人は、乾燥自体も要因ですが、加湿によるカビの発生、エアコンなどによる換気不足などにも注意が必要です。
自分のアレルゲンを知る 病院などでは、アレルゲンを判明させるテストを行っています。家族歴や病歴、食物アレルギーや薬物アレルギー診断などをしていただくことも重要です。特に恐ろしいのはアナフィラキシーショックで、特定のアレルゲンに反応したために、呼吸器系や循環器系の重篤な疾患をまねくこともあります。
皮膚や粘膜を守る アレルゲンの多くは、気管や気管支、腸管粘膜から侵入してゆきます。粘膜組織が弱体化すると、それらを容易に通過させ、アレルギーの発症に繋がってゆきます。アレルゲンの排除とともに、侵入口を強化することは症状軽減の第一歩です。

3.治療法

a)食事療法

アレルゲンになりやすい食材を避けます。
アレルゲンになりやすい食品は各自で違いますので、一般的な食品素材を記載します。
卵・卵製品(鶏卵、プリン、マヨネーズなど)、牛乳・乳製品(牛乳、バターなど)、脂肪類(動物性脂肪、植物油など)、大豆・大豆製品・豆類(大豆、豆腐、ナッツなど)、穀物類(ご飯、小麦、そばなど)、魚介類(さば等の青背魚、貝類など)、肉類(鶏肉、豚肉など)

b)薬物治療

詳しくは、かかりつけ医師又は薬剤師へご相談ください。

治療薬 解    説
ステロイド薬 ステロイド薬は、強力な抗炎症作用、抗免疫作用、抗アレルギー作用により、炎症性疾患の治療に広く使用される薬剤です。効き方は良いのですが、使用法に注意が必要なものが多いので、使用前には医師や薬剤師と相談されることをおすすめします。
非ステロイド薬 軽症皮膚炎などに多く用いられます。