HIS健康情報.com(免疫疾患編)

「免疫疾患」メニュー

がん(悪性腫瘍) アトピー 喘息・気管支炎 鼻炎・花粉症
肝炎・肝硬変 膀胱炎・尿道炎

鼻炎・花粉症

※ご注意

記載内容については、一般的に、ご参考にしていただきたい情報でございます。お客様毎に体質、原因や症状は異なります。詳しくは、かかりつけの医師にご相談されることをお勧めいたします。

 

アレルギーとは

アレルギーとは、ある種の抗原(ウイルスや細菌、化学物質、ダニ、粉塵など)を排除するためにつくられる抗体が反応した状態(抗原抗体反応)、または免疫細胞が直接関与する際の副作用で、病的な症状を呈するものをいいます。抗原(アレルゲン)は一人一人違っていて、選択的に反応するのが特徴です。

1.アレルギーの種類

分 類 解    説 主な関連疾患
1 型 特定のアレルゲンに対してつくられる特異抗体(IgE抗体)が、組織中のマスト細胞(肥満細胞)とアレルゲンとを結合させます。それらが結合することによって脱顆粒(ヒスタミンなどの化学物質の放出)、炎症物質(ロイコトリエンなどのアラキドン酸代謝物)の放出を起こします。 ・局所の血管透過性増加⇒蕁麻疹
・全身の循環不全⇒アナフィラキシー
・膜の分泌増加⇒鼻アレルギー
・気管支平滑筋の収縮
2 型 特殊抗体(IgG、IgEM抗体)に反応するアレルゲンが侵入した時、これらの抗体が自己組織を損傷させてしまうことがあります。この時におこるアレルギーです。 ・赤血球⇒溶血性貧血
・血小板⇒血小板減少症、紫斑病
・精子⇒男性不妊症
・神経筋⇒重症筋無力症
3 型 抗体と補体(異物などを取り込むマクロファージなどの作用を増幅するもの)が協力して、免疫システムを増強させてしまいます。 ・腎臓⇒全身性エリテマトーデス
・関節⇒慢性関節リウマチ
・甲状腺⇒橋本病
4 型 抗体ではなく免疫細胞が直接作用、マクロファージが活性化して組織を傷害する。 ・皮膚⇒ツベルクリン反応、接触性皮膚炎
・脳神経⇒脳
・甲状腺⇒橋本病
・肝臓⇒肝炎
・膵臓⇒糖尿病
・関節⇒慢性関節リウマチ

2.免疫反応と抗体

a)免疫とは

免疫とは、感染症を一度経験した生体が、二度と同じ感染症を起こさないようにするための生体内機能をいいます。例えば、ある種のウイルスに感染した時、一度目は感染症によって発症しますが、そのウイルスの情報を蓄積しておいて、次に来たときに追い払うことができるというものです。

b)抗体とは

抗原(アレルゲン)の刺激により、免疫反応によって生体内で産生されるタンパク質で、アレルゲンに特異的に結合する物質をいいます。抗原と抗体が結合する反応を抗原抗体反応と呼んでいます。抗体は、食細胞やマスト細胞の活性を調節する重要な働きを有し、特にアレルギーではマスト細胞の調節が重要な鍵となる。

c)がん細胞を攻撃する免疫細胞

免疫をつかさどる細胞を、一般に「白血球」と呼んでいます。白血球には顆粒球、リンパ球、単球に分類され、それらがバランスよく連携することで、免疫システムを完成させています。

種 類 解    説
顆粒球 好中球 旺盛な食作用を有し、細菌などを偽足を伸ばして取り込みます。
好酸球 寄生虫病やアレルギー疾患によって増殖し、抗原に対してSOD酵素(抗活性酸素酵素)や分解酵素を放出して溶かそうとします。
好塩基球 骨髄の疾患で増えます。肥満細胞(マスト細胞)と呼ばれ、ヒスタミンなどを含有します。
リンパ球 B細胞 骨髄でできる抗体産生細胞で、免疫グロブリン(Ig)を有します。免疫グロブリンとは抗体を構成するタンパク質のことで、特異的に抗原(ウイルスやアレルギー発症物質)を結合させる構造をもっています。
K細胞 抗体で覆われた腫瘍細胞を、溶解して死滅させる働きがあります。
T細胞 胸腺で成熟する免疫細胞で、マクロファージから抗原提示(抗原の種類を認識するメッセージ)をうけて(免疫応答)、いくつかの細胞に変化します。
・ヘルパ−T細胞 B細胞の抗体産生細胞への分化を助けます。
・サプレッサーT細胞 過剰免疫を抑制します。
・キラーT細胞 ウイルス感染した細胞やがん細胞を破壊します。
NK細胞 ナチュラルキラー細胞とも呼ばれ、ある種のウイルス感染細胞、腫瘍細胞や移植骨髄細胞などに対して傷害活性を示します。
単球(マクロファージ) 血液中に遊走する食作用をもったもので、骨髄で発生・分化します。旺盛な食欲をもち、付着性・運動性に富み、体内で生じた死細胞、変性した自己成分や外部から侵入した細菌などの異物を食し、消化して排除します。そのほか、腫瘍壊死因子などのサイトカイン類などの物質の産生、抗原提示などの免疫調節作用の役割を担っています。

d)免疫細胞の作用

アレルゲンが体内に入ってくると、まずマクロファージが旺盛な貧食で食し消化してしまいます。その取り込んだアレルゲンの情報をヘルパーT細胞に伝えて、B細胞が抗体産生細胞に分化することを助けます。抗体産生細胞は抗体を放出し、その抗体はマスト細胞(肥満細胞)と呼ばれる細胞にくっつき、二回目に入ってきたアレルゲンをマスト細胞に結合させる。この時にアレルギー症状を誘発するヒスタミンやロイコトリエンといった物質が放出され、花粉症などの症状を発症させます。

e)免疫促進食品と発症食品

「免疫を促進・調節する」とは、マクロファージの数を増やしてアレルゲンの取り込みを活性化する、B細胞を増やし抗体産生を高める、またアレルゲンと反応したマスト細胞の活性を調節する抗体の産生などの効果をいいます。
アレルギーを誘発しやすい食品としては、次のようなものがあります。

種 類 解    説
アレルゲンとなる食品 卵・卵製品(鶏卵、プリンなど)、牛乳・乳製品(牛乳、バターなど)、脂肪類(動物性油脂、植物油など)、大豆・大豆製品・豆類(大豆、豆腐など)、穀物類(ご飯、小麦、そばなど)、魚介類(さばなどの青背魚、貝類など)、肉類(鶏肉、豚肉など)
注)アレルゲンは個人差がありますので、ここでは参考まで。
ヒスタミンを含有する食品 鮮度の落ちた魚介類、チーズ、ワイン、なす、ほうれん草など
コリンを含有する食品 たけのこ、山芋、そば、栗、マツタケなど

3.減感作反応とは

即時型(1型)アレルギーの原因となるアレルゲンを少量づつ、アレルギー患者に投与することによって、そのアレルゲンに対する感受性を低下させる療法をいいます。健康食品や健康グッズなどでこの方法を応用しているものもありますが、有効率はあまり高くなく治療期間が長いこと、通年性アレルギー(ハウスダストやダニによる一年中を通して起こすアレルギー)とは違って特定期間のみの発症ですから、あまり効果は期待できません。

4.ストレスとアレルギーの関係

ストレスとは、外部からの予想されなかった刺激(物理的、精神的など無関係)に対して、身体が防衛しようとする一連の反応をいいます。平たく言えば、「そうあって欲しくない」という不快感なのです。
私たちの身体の多くは自律神経(不随意神経)に支配されています。脳が過剰のストレスを感じると、視床下部で副腎皮質刺激ホルモンがつくられて、副腎から副腎皮質ホルモンを分泌させます。副腎皮質ホルモンはT細胞などの細胞死(アポドーシス=自殺)を誘発します。これによって免疫システムは弱まります。

5.アレルギー症状とアラキドン酸代謝物

生体を構成する脂肪酸には、不飽和脂肪酸と呼ばれる物質があり身体を構成する栄養素として欠かせないものです。この不飽和脂肪酸の一つに「アラキドン酸」というものがあり、体内で代謝されて微量ですが作用が強い局所ホルモンと呼ばれる物質に変化して、アレルギー反応や炎症にかかわります。

アラキドン酸からつくられる代謝産物

代謝産物 解    説
プロスタグランジン(PG2) 免疫抑制、気管支収縮(一部は拡張)・鼻閉など
トロンボキサン(TX2) 気管支収縮による喘息悪化・鼻閉
ロイコトリエン(LT4) ヒスタミンの効果増強(血管透過性亢進)
リポキシン(LX4) 気管支収縮による喘息悪化・鼻閉

 

アレルギー性鼻炎(花粉症)

a)鼻炎とは

鼻炎には急性鼻炎(鼻かぜ)と慢性鼻炎とがあり、一般的に鼻炎とは急性鼻炎を指します

b)花粉症とは

花粉症とは、植物の花粉をアレルゲンとする1型(即時型)アレルギー疾患で、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎などの症状を発症します。

1.発症のメカニズムと症状

分 類 解    説
鼻 炎 鼻の粘膜には「リゾチーム」という消炎酵素が溶け、また繊毛(鼻毛など)があってウイルスや細菌などの侵入や刺激を防いでいます。しかし、空気が乾燥するとこの働きが失われ、鼻粘膜の抵抗力が弱まり、ウイルスや細菌などの感染を容易にしてしまいます。
症状の特徴としては、鼻やのどが乾いて痛み、くしゃみと鼻水がでます。 ただし発作性反復性のくしゃみにはあまりなりません。細菌に感染すると、濃い膿のような鼻汁がでたり、鼻づまりが悪化して、肥厚性鼻炎や慢性鼻炎、蓄膿症、副鼻腔炎などに繋がります。
花粉症 花粉症は季節性アレルギーとも呼ばれて、原因となる花粉が飛散する時期に限って反応します。
症状は水様性鼻汁、鼻づまり(鼻閉)、発作性反復性のくしゃみが三大特徴で、これに目や鼻のかゆみ、なみだ目などを伴います。感冒症状に似た症状もでますが、主に外出などの花粉と接触する機会が多い場所で発症した場合は、花粉症の可能性が高くなります。長期的な治療方法としては、「減感作療法」などもあります。
春先(2〜4月) スギ、コナラ、カシ、白樺などの樹木の花粉
春から初夏(5〜7月) カモガヤ、オオアワガエリ、ナガハグサなどのイネ科の草の花粉
秋(9〜10月) ブタクサ、ヨモギ、カナムゲラなどの雑草花粉

2.症状と診断方法

a)症状

上記参照。

b)診断方法

アレルギー科・耳鼻咽喉科などの医師にご相談ください。

c)主な関連疾患

分 類 解    説
肥厚性鼻炎 鼻の粘膜腫脹して、鼻がつまる病気です。ある一定の姿勢になると鼻のつまり方が変わるのが特徴です。点鼻薬などで改善しますが、長期の使用は慢性化の原因にもなりますので注意してください。
蓄膿症
(慢性副鼻腔炎)
副鼻腔(鼻腔の周囲にある空洞)の粘膜に炎症が起きたもので、ウイルスや細菌の感染症が主な原因です。鼻がつまる、膿性の鼻汁が出る、集中力が低下するなどの症状があらわれます。抗生物質や消炎剤を使いますが、慢性化すると完治が難しい病気でもあります。
臭覚障害 鼻腔の天井にある嗅覚を感じるセンサー(嗅裂)が、ウイルスや細菌に感染している、嗅覚神経の麻痺、慢性副鼻腔炎などが原因です。

 

予防と養生法

1.注意したい栄養成分・食品

栄養成分・食品 解    説
香辛料
添加物
辛味などの刺激を増す香辛料などは、粘膜の刺激作用が強く、また異常な熱の産生も繋がります。また甘味の強い香辛料はショ糖や果糖が多く、過剰になると体内脂肪に合成されてゆきます。合成添加物はそれ自体異物で、無毒化するためにたくさんの栄養素とエネルギーを消費してしまいます。
過量の食物繊維 食物繊維を食事とともに多量に摂取すると、必要な栄養素の吸収を遅らせ、排泄してしまいます。また食物繊維は身体を冷やす作用があるため、特に鼻水やくしゃみを反復する人は注意したい食品です。肉料理には野菜を一緒に食べて必要なビタミンなどを補給しなければいけませんが、適量を守ってください。

2.養生法

養生法 解    説
充分な健康管理を アレルギーを含めた生体の免疫防御システムは、身体が弱っていたり、ほかの疾病を患っていては、正常に機能しません。必要な栄養素を摂り、休むべき時は休むといった、生活習慣を整えることが必要です。激しい運動は控えてください。
アレルゲンの排除 アレルギーは、その反応を起こす元である抗原が身体を攻撃したり、体内に侵入することで発現します。まず実行しなければならないことは、そのアレルゲンから身を守ることです。アレルゲンのほとんどは、弱い粘膜から侵入します。アレルギーを起こす季節や時期になりましたら、マスクや眼鏡をかける、帰宅したらアレルゲンを取り除く(うがいや洗浄など)、室内の換気をして清潔にするなど、いろいろと試みてください。

<花粉以外のアレルゲンの種類>
動物のふけ、ダニ、薬物、衣類・装飾品、動物性食品(牛乳、卵、魚介類など)、植物性食品(小麦、米、そば、大豆など)など
充分な栄養摂取 基礎代謝が高まると、エネルギーができ身体の抵抗力が増強されます。基礎代謝量を増やす栄養素の補給や、適度な運動を心がけましょう。
肥満にならない< 肥満体質になるとアレルギーを起こしやすくなるほか、免疫システムが過剰な糖質や脂質によって抑制されます。
ストレスをためない 小児科にアレルギー疾患で罹られるお子様の多くは、親が過度なストレスをかけていることが多く見うけられます。ストレスを感じると免疫反応が異常となり、アレルギーを起こしやすくなります。気持ちを落ち着かせて、好きなことに熱心になることなどは、身体を正常に保ち、異常反応を回避する最良の処方箋かもしれません。
飲酒・タバコ 飲酒は体内の異常な熱産生を高め、炎症を促進したり、症状の悪化をまねきます。特に粘膜の炎症は活性化され、鼻症状にくわえて気管支収縮を促進して、喘息発作の原因ともなります。タバコ(タール)は粘膜を直接刺激し、乾燥や炎症を高めて抵抗力を低下させ、ウイルスなどの侵入を助長してしまいます。
定期健診は欠かさずに アレルギーの症状は、その時々の環境や抗原の種類によっても変化してゆきます。それに伴って、お薬の種類や服用量もその症状にあったものに変えてゆかなければなりません。必ず定期検診を受けて、現在の状況を把握して、適切な処置を行ってください。

3.治療法

a)食事療法

上記参照

b)運動療法

激しい運動は控えてください。

c)薬物治療

詳しくは、かかりつけ医師又は薬剤師へご相談ください。