HIS健康情報.com(免疫疾患編)

「免疫疾患」メニュー

がん(悪性腫瘍) アトピー 喘息・気管支炎 鼻炎・花粉症
肝炎・肝硬変 膀胱炎・尿道炎

肝炎・肝硬変

※ご注意

記載内容については、一般的に、ご参考にしていただきたい情報でございます。お客様毎に体質、原因や症状は異なります。詳しくは、かかりつけの医師にご相談されることをお勧めいたします。

 

肝臓の免疫作用

1.肝臓とは

口から入った食品や薬剤は、胃や小腸などで吸収された後には必ず肝臓を通過します。肝臓では入ってきた栄養成分などを分解・合成して、必要な形に変えて細胞に供給する化学工場と配送センターの役割を果たしています。

a)肝臓の機能

種 類 解    説
代謝機能 消化器から吸収された栄養素などは、冠動脈などを通って肝臓(肝細胞の組織)に入り、肝臓を構成する肝細胞に取り込まれます。ここでは三大栄養素(糖質、脂質、タンパク質)の代謝を行います。
排泄・解毒機能 毒物や薬物などを分解して、胆汁などに排泄して無毒化します。また寿命を終えた赤血球を「ビリルビン」につくりかえ排泄します。
胆汁産生機能 消化液のひとつである胆汁を合成し、胆管から十二指腸に排泄します。胆汁は血中コレステロールから合成されるので、血中コレステロール濃度の調節も兼ねています。

b)関連する器官

器 官 解    説
胆 道 肝臓から十二指腸へ胆汁を送る器官で、余分な胆汁を蓄えておく器官(胆嚢)そなえています。胆汁には胆汁酸と呼ばれる物質が含まれ、溶けにくい脂肪を乳化させ、脂溶性栄養素やカルシウムなどの吸収を高めます。
膵 臓 消化液である膵液を十二指腸に排泄します。糖分の吸収を調節して、血糖値をコントロールする働きがあります。

2.肝炎ウイルスと自己免疫

a)肝炎ウイルス

肝炎の主な原因となる「肝炎ウイルス」には、主にA・B・C型に分類されます。

分 類 解    説
A 型 動物の糞便などを感染源として、経口感染します。肝臓の細胞内で増殖し、胆汁から腸管を経て糞便に混じって対外に排泄されます。38℃以上の発熱や関節痛、嘔吐、食欲不振、黄疸などがみられます。
B 型 このウイルスは自己増殖できないため、ヒトなどの細胞に遺伝子を注入して、複製をつくってもらうという繁殖方法をとります。一過性ならば免疫システムにより治癒しますが、持続的な感染を繰り返すと肝臓に住み着いて繁殖し、肝硬変や肝臓ガンの原因となります。
C 型 輸血などにより感染するウイルスで、10〜20年かけて、慢性肝炎、肝硬変、肝臓ガンへと進行してゆきます。治療方法として、インターフェロン療法が注目を浴びています。

3.肝臓と環境ホルモン

工場の排水や廃棄物、農薬、排ガスなどの社会的な排出物により、生体の代謝に影響を及ぼす化学物質を「環境ホルモン」といいます。無農薬野菜が話題になっていますが、土壌汚染があると安心してはいられませんね。
肝臓には「解毒機能」と呼ばれる、生体に不利益と考えられるものが身体に入ってきたときに、それを分解・排泄するシステムを持っています。しかし蓄積性のある物質(タンパク質や脂肪と結合しやすいもの)ですと、体内に蓄積しやすくなり原因不明の病気になることもあります。魚の背骨が曲がってしまうのは、水中の有害有機物や無機物が蓄積されて、正常な破骨細胞と骨形成細胞の働きを妨げているからです。人の場合も、神経痛や関節痛、骨の異常、原因不明の痺れなどがあらわれます。
環境ホルモンにさらされている現代社会では、合成添加物などによる代謝機能の疲弊を減らし、解毒能力を高め維持することが、健康管理には欠かせなくなっています。必要な栄養素を必ず摂取し、代謝能力を損なわないようにして、健康な生活を送りたいものです。

4.肝臓疾患にはビタミン・ミネラル類は必須栄養素

ビタミンやミネラルは生体内に入ると、代謝に必要な「酵素」と呼ばれる生体内化学反応を起こすための物質に合成されてゆきます。代謝とは、摂取した栄養素を原料として身体に必要な物質を合成したり、不要な物質を分解したりする機能をいいます。この代謝という反応は、酵素と呼ばれる触媒のような物質が産生されると始まります。この酵素を構成する成分が、ビタミンやミネラルなのです。例えば、アルコール性肝障害の方は脂肪肝になりやすいのですが、ビタミンB2は脂肪を分解する酵素の原料となります。

 

肝炎・肝硬変

a)肝炎とは

その名の通り、肝臓組織に炎症がある場合をいいます。主にウイルスによる感染症が原因となりますが、環境ホルモンなどの化学物質も影響します。

分 類 解    説
急性肝炎 肝炎ウイルスの感染症や薬剤による障害が原因で、風邪に似た症状や黄疸などがあらわれます。
A型 ウイルスに汚染された生鮮海産物などを感染源として、三週間ほどの潜伏期間を経て発症します。しかし熱に弱いため、食品を加熱処理すれば感染することはほとんどありません。
B型 輸血や唾液、精液などから感染するウイルスによるもので、慢性肝炎の原因とされています。
C型 輸血などの非経口感染によるもので、進行性の肝炎を引き起こします。
慢性肝炎 肝炎が長期化し、肝臓が正常な働きを行うことができない状態になったときをいいます。
劇症肝炎 急性肝炎の場合に破壊された肝臓は、ある程度の再生する能力を持っています。しかし炎症の速度が速いと再生速度が間に合わないことがあり、このときに炎症症状が激しさを増します。これを劇症と呼びます。

b)肝硬変とは

肝臓の細胞はたとえ死んでも(壊死)、新しい細胞の発生で患部は再生されます。しかし慢性肝炎が続くと、壊死・再生が繰り返されるため、患部が硬い層のようなものに囲まれてしまいます。これが肝硬変です。肝炎があるのに、飲酒や高脂肪食を続けるとなりやすくなります。

1.症状と診断方法

a)症状

内科などの医師にご相談ください。

b)診断方法

内科などの医師にご相談ください。

c)主な関連疾患

疾患名 解    説
脂肪肝 糖分の摂りすぎ、常習飲酒、肥満などが原因で、肝臓に多量の中性脂肪が蓄積した状態です。
アルコール性肝障害 過剰な飲酒を続けることによる肝障害で、肝臓病の最大の原因となります。
自己免疫性肝炎 非ウイルス性の慢性肝炎で、白血球増殖などによる免疫システムの異常が原因です。

 

予防と養生法

1.注意したい栄養成分・

栄養成分・食品 解    説
良質のタンパク質 肝細胞の再生に必要な栄養素で、脂肪を肝臓から運び出すリポタンパクを生成します。脂肪分の少ない肉類、魚、肉、コレステロールの少ない卵、牛乳、大豆製品(サポニン)などを多めに摂るようにしましょう。リノール酸を含む食用油(サフラワー油、大豆油、コーン油、ごま油など)は、アルコール性肝障害を悪化させますのでなるべく控えましょう。
ビタミン
ミネラル類
肝機能のほとんどが、ビタミンやミネラルを利用した酵素の働きで成り立っています。ビタミンやミネラルが不足すると、酵素などが生成されないため、代謝や解毒といった本来もつ肝臓の機能が働きません。貝類や海草類、野菜類を多めに摂るようにしてください。また食物繊維は食べた糖質や脂肪を吸着して、過剰な吸収を妨害する働きがあります。
菌体食品 菌体食品には、免疫力を高める「β-グルカン」とよばれる一種の繊維質が含まれています。生体にこの成分が入ってくると、異物として感知し免疫システムを活発にさせます。このときにウイルスなどがいると、同時に攻撃を開始するのです。言わば「免疫システムのスイッチ」のような作用があります。
避けたい食品
・アルコール飲料 解毒能力の低下、脂肪に合成されやすい
・砂糖 中性脂肪を合成しやすく、蓄積して体脂肪になりやすい(菓子類、果物類など)
・動物性脂肪 体脂肪になりやすい(肉の脂身、バターなど)
・塩分 肝障害によるむくみ、腹水の予防(即席中華めん、塩ざけ、たらこ、梅干、みそ、塩辛、たくあんなど)
・コレステロール 消化能力に負担が多く、胆汁酸に変換できないため高コレステロール血症になりやすい(うなぎの蒲焼、いか、するめ、ししゃもなど)

2.養生法

養生法 解    説
充分な健康管理を あなたのリズムは、あなたにしかわかりません。自分のリズムをしっかり把握して、生活習慣、食事バランスを整えましょう。「体調が悪いな」と感じたら、できるだけ身体を休めるか、それでも不快があるようなら、早めに医師の診察を受けることやカウンセリングを受けるなども考慮してください。
感染症に注意 ウイルスは常に身体の中へ取り込まれています。今あなたが病気でないのは、ウイルスと戦う免疫システムが正常に働いているからです。しかし少しでも劣勢になると発熱し、身体に休むように警告します。疲れやすい、夕方になると微熱が出やすいなどの症状を感じたら免疫システムが疲れてきています。消化の良いものを食べ、休息をとってください。
治療中の薬 内服した薬は、ある程度肝臓で無力化されることを予想して、服用量が決められています。ところが肝障害のある人は、この無力化が弱いため薬が効きすぎる、または有効な成分に代謝されないといった、本来の効果が期待できないことがあります。必ず主治医に相談して、お薬を検討していただいてください。
飲酒 飲酒したアルコールは、ほとんど肝臓で分解されます。過剰な飲酒は、肝細胞の破壊につながり炎症を悪化させます。また飲酒は必要な栄養素の補給を妨げ、必要な栄養素の浪費にもなります。どうしても飲酒が避けられない場合は、良質なタンパクのつまみを多く摂りごく少量を飲んでください。ただし原則は禁止です。
高カロリー食 糖質は、グリコーゲンとして一時的に筋肉などに保存され、筋肉運動などで早期に消失します。しかし過剰になると、脂肪に変換されて肝臓やその周囲、腹腔内に蓄積されます。糖質は、食塩の存在で吸収が高められます。甘味を増すために糖分に食塩を加えることが多い和菓子など、十分に注意が必要です。
定期健診を 肝臓病は、血液検査などによって比較的容易に診断できます。早期診断で予防することもできますので、必ず定期検診を受けましょう。もし検査値で不安があるようでしたら、できるだけ食事療法を心がけ、不足しがちな栄養素はサプリメントなどで必ず補給するようにしてください。

3.治療法

a)食事療法

上記参照。

b)運動療法

激しい運動は控えてください。

c)薬物治療

詳しくは、かかりつけ医師又は薬剤師へご相談ください。